外陰皮膚掻痒症 | 看護師が作成する病気・症状サイト

外陰皮膚掻痒症

■外陰皮膚掻痒症

<症状>

  • 外陰部に強い痒みを感じるようになります。

<原因>

  • 外陰炎、膣炎、全身性の病気、ビタミン不足などの他、外陰パジェット病という特殊な病気の初期症状でも認められます。

<治療>

  • 原因疾患を調べて、原因となる病気を治すことによって、自然に痒みはおさまります。
  • 原因がわからない場合は、痒みを止める抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、ビタミン剤などを用います。
  • 外陰部の症状には、痒みや炎症を抑える軟膏を塗布します。場合によっては、精神安定剤が効果を発揮することもあります。
  • 外陰部を清潔に保ちます。
    • 石けんでゴシゴシ洗うのは、かえって悪化させてしまうため、ぬるま湯さっと洗い流す程度にして下さい。
  • 刺激物の摂取は控えるようにします。
  • 便秘をしないようにします。
  • 精神的ストレスをためないようにします。
    • イライラしていると、痒みは治るどころかますますひどくなってしまいます。