バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍 | 看護師が作成する病気・症状サイト

バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍

■バルトリン腺炎・バルトリン腺膿瘍

<症状>

  • 膣の入り口にあるバルトリン腺は、セックス時に潤滑油のはたらきをする粘液を分泌する器官です。
  • 上記のバルトリン腺の開口部から細菌感染し、小陰唇や大陰唇に発赤、腫脹を伴うのがバルトリン腺炎です。
  • 開口部が詰まってしまうと、内部に分泌物がたまって嚢胞が形成されます。嚢胞は、小陰唇の内側にしこりが生じますが、痛みはほとんどありません。
  • 細菌感染して内容液が膿性になると、しこりは急速に増大し、発熱したり、激しい痛みが生じて歩行も困難になります。これをバルトリン腺膿瘍といいます。

<原因>

  • 大腸菌やブドウ球菌、淋菌などが原因となります。

<治療>

  • 病原菌を特定し、その細菌に作用する抗生物質を使用し細菌を死滅させます。
  • 膿瘍ができた場合は、抗生物質を使用するとともに膿瘍を切開して排膿させます。