急性胃炎 | 看護師が作成する病気・症状サイト

急性胃炎

■急性胃炎

<症状>

  • 胃の粘膜に炎症が起こり、胃のあたり(みぞおちのあたり)が突発的に痛み出します。
  • 胃の不快感や膨満感、むかつきや嘔吐などの症状も現れます。

<原因>

  • お酒の飲みすぎ、コーヒー、香辛料などの刺激物の摂取、薬(アスピリンや抗生物質、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド剤など)の副作用、タバコ、細菌による感染、アレルギー反応、ストレスなど多岐にわたります。

<治療>

  • まず、原因となっている物質を除去します。
  • しばらくは、お酒やコーヒーなど刺激物の多いものは避けます。
  • むかつきや嘔吐が激しい場合は食事を中止し、点滴による栄養補給をします。
  • また、症状に応じて、胃酸分泌抑制剤、胃粘膜保護剤、制吐剤などを服用します。
  • 安静を心がければ、比較的早期に回復します。