眼窩骨折 | 看護師が作成する病気・症状サイト

眼窩骨折

■眼窩骨折

<症状>

  • 骨折だけの場合は、ほとんど症状がないのが特徴です。
  • 炎症が強かったり、眼球を動かす筋肉が骨の間に入り込むと、眼球を上下左右にうまく動かせなくなり、物が二重に見えることがあります。

<原因>

  • スポーツ(野球など)のケガなどで、眼球が入っている眼窩が骨折したものです。

<治療>

  • 骨折が疑われる場合は、頭部X線検査やCT、MRIで検査し内部の様子を確認します。
  • 症状が軽い場合は、骨折があっても経過観察します。
  • 眼球を動かす筋肉が骨の間に入り込んだ場合や、眼球が眼窩内に陥入している場合は、手術によって治療します。