多発性骨髄腫 | 看護師が作成する病気・症状サイト

多発性骨髄腫

■多発性骨髄腫

<症状>

  • 白血球の一種であるリンパ球から分化・成熟した細胞を形質細胞といいます。多発性骨髄腫はこの形質細胞ががん化する病気をいいます。
  • がん化した形質細胞は、骨髄内でまわりの骨を破壊しながら増殖するため、腰、背中あるいは肋骨に痛みが生じ、骨折も起きやすくなります。
  • 上記のほかには、正常の造血機能に障害が生じるために、倦怠感、めまい、動悸などの貧血症状がみられます。また、出血しやすくなり皮下出血や鼻出血などがみられ、発熱も生じます。

<原因>

  • 遺伝的素因や放射線被爆、化学薬品の影響などが考えられますが、詳細な原因は不明です。
  • 男性の高齢者に多くみられます。

<治療>

  • 治療の主体は、抗がん剤を使用した化学療法となります。
  • 上記のほかには、放射線療法や外科手術による治療法があります。